<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

広州南宁の勉強会

「脳性麻痺児への作業療法」の勉強会に4日間参加してきました。場所は広州の南宁というベトナムに面する中国の最南端の都市で行われており、講師に国際福祉大学の森田裕美先生を招いて行っていました。
講義を聴いていると、「そう。そうなんだよ!」と当たり前の事なんだけど、その大切な事をする事が大切で、でも出来ていないんだよなぁ。
と自分にとって良い振り返りができました。自分の詳しくない発達分野の勉強会への参加も面白かったです。

先生の印象に残った言葉を、
「作業療法は出来る事を探し育てる事」
「人生に無駄な時間は無い。思う存分楽しむ事が大切」
「遊びの楽しみを知らなかったら、子供に楽しみを教えられない」
という事で仕事も遊びも一生懸命にするのていいなぁ…と。
今回はせっかく飛行機で3時間30分かけてきたのですが、残念ながら勉強会のみで遊ぶ時間がありませんでした。当たり前ですけどね。
そんな中でも、広州ならではの風景を一枚。

f0233649_1184457.jpg


アジア作業療法学会(裏)開催(広州の裏道路の大衆食堂で一杯)。
久しぶりに経験の多い作業療法士さん達と出会いました^^中国は本当にいないんです( 一一)
その反動もあって日本人・中国人で語りあい、本当に楽しいひと時。
どうしたら中国で作業療法で普及できるか?て語り合いました。
中国では難しいんだよなぁ…て。でも意見交換できて良かった。
f0233649_1195266.jpg

[PR]
by custom1210 | 2011-09-20 01:21

マンマミーア

現在南宁へ向かう途中で北京へいます。夜食事に行く途中に、近くの劇場でマンマミーアをやっていたので衝動的に参加。


f0233649_14910.jpg

日本だと劇を見るのは前もって予約が必要ですが、ダフ屋さんから簡単に買ってしまいました。500元(6500円位)と高いですが真ん中の良い席。
欧米の人が出るのかなぁ?と勝手に思ったら中国の役者さん…
始め正直少しがっかりしたのですが、踊りも歌も上手いし迫力が凄い。どんどん引き込まれて行きました。

途中で休憩中に司会者が登場。景品を当てるゲームに(自分は1階の16列の6番)
司会者「1階・16列…」

心臓に負担がかかり過ぎです。当たったらどうしようと… 何も話せないよ…
司会者「8番」
隣のカップルでした。本当にひと安心でした。
最後はみなスタンディングオベーション。何故か舞台後挨拶のあと、2曲踊り歌いコンサート状態。観客も一番の盛り上がりに。
値段が高かったけど、2時間でいろんな体験ができました。満足満足です。

明日SMAPがコンサートを中国でするそうです。
ダフ屋さんが280元(3500円)位で売っていました。SMAPのコンサートなんて絶対に日本だと取るのも大変なのに、中国では簡単に取れるようです。残念ながら明日南宁へ出発するので見れません。外国でコンサート見るのは案外お得かもしれません。
[PR]
by custom1210 | 2011-09-16 01:04

南方旅行

蘇州へ
東洋のヴェネチアと呼ばれる水郷で有名な街の蘇州
その隣町の同里(トンリー)で1日。蘇州をレンタサイクルで半日、世界遺産の名所・庭園や、街並みを見学。どんどん新しい建物ができているけど、中国の古い街並みて良いなぁと思う。本当に綺麗でした。

f0233649_7134878.jpg


上海へ
南方の大都市は発展していて、日本の大都市にいる感じがしました。人混みが苦手な自分は正直大分疲れましたが、上海の夜景と綺麗な街並みは来て良かったです。
そして最終日は歴史勉強:孫文・共産党など歴史的建物を見学。まだ中国の歴史は全然分からないのですが、人間関係などとても興味深いです。

f0233649_715226.jpg


中国の南方といえば、小吃とよばれる軽くつまめる料理・小笼包(ショウロンポウ)・蟹などの海戦料理などなど美味しいです^^
自分の今滞在している北方の塩っぽく脂っこい料理が多いのですが、南方の甘辛い料理は日本人の自分に合っています。
蘇州・上海共にユースに泊り、大勢の外国人が使っていましたが、自分の英語は悲しくなる位しゃべれなくなっていました。
聞き取れるのに、話そうとする言葉は中国語( 一一) 。

帰りは唐山まで20時間電車の旅^^10日間のドタバタ出張旅行、これから少し休憩です。
明日からベトナムの傍の南宁という所へ勉強会へ参加してきます。
[PR]
by custom1210 | 2011-09-15 07:15

南方旅行

蘇州へ
東洋のヴェネチアと呼ばれる水郷で有名な街の蘇州
その隣町の同里(トンリー)で1日。蘇州をレンタサイクルで半日、世界遺産の名所・庭園や、街並みを見学。どんどん新しい建物ができているけど、中国の古い街並みて良いなぁと思う。本当に綺麗でした。


f0233649_6451214.jpg

上海へ
南方の大都市は発展していて、日本の大都市にいる感じがしました。人混みが苦手な自分は正直大分疲れましたが、上海の夜景と綺麗な街並みは来て良かったです。
そして最終日は歴史勉強:孫文・共産党など歴史的建物を見学。まだ中国の歴史は全然分からないのですが、人間関係などとても興味深いです。

f0233649_6464993.jpg


中国の南方といえば、小吃とよばれる軽くつまめる料理・小笼包(ショウロンポウ)・蟹などの海戦料理などなど美味しいです^^
自分の今滞在している北方の塩っぽく脂っこい料理が多いのですが、南方の甘辛い料理は日本人の自分に合っています。
蘇州・上海共にユースに泊り、大勢の外国人が使っていましたが、自分の英語は悲しくなる位しゃべれなくなっていました。
聞き取れるのに、話そうとする言葉は中国語( 一一) 。

帰りは唐山まで20時間電車の旅^^10日間のドタバタ出張旅行、これから少し休憩です。
明日からベトナムの傍の南宁という所へ勉強会へ参加してきます。
[PR]
by custom1210 | 2011-09-15 06:47

症例報告

今回の出張で活躍したのがスプリント素材。びっくりする変化が見られた症例を紹介します。

頸髄損傷(不完全損傷)で1年半位リハビリをしていた20代の男の子。
本人のニーズ「手が動かない」と話し、少し緊張気味でやや人見知りな印象を受ける。障害も少し影響しているのか?と感じる私。
簡単な右上肢筋力評価(MMT)
三角筋:4 上腕二頭筋:4 前鋸筋:3 上腕三頭筋:3
手関節背屈筋群:4 手関節屈筋群:2
虫様筋:2 掌側骨間筋:2 背側骨間筋:2
深指屈筋:2~3 浅指屈筋:3
短母指外転筋:2 長母指外転筋:4 短・長母指屈筋:4 短・長母指伸展筋:4

手指を握る時、手関節を背屈させてテノデーシスアクションで握るが、安静時の親指が内転位の為効果的な握りが出来ていない。そこで母指対立位へ固定する装具を使用すれば、以前よりも安定した物の把持が可能になると考えて装具を作製…


f0233649_2383930.jpg



その結果が、
母指を対立位に固定して物の把持が可能になるだけでなく、
手指の屈曲・伸展の角度が大きくなり(テノデーシスアクションしないのに)!!
手指の分離運動も発言して、箸・書字がぎこちないながら少し可能に!!

本人もみんなびっくり(正直自分も…)
箸使ってみなよ!と中国人治療師も提案で実施した時の写真
その時の患者さんの嬉しそうな顔。治療師も嬉しそう^^
笑顔が少なそうな印象を持っていた彼の素敵な嬉しそうな笑顔。
こんな時自分はこの仕事ていいなぁと思うのだが、
この大きな変化は自分の予想外!(^^)!意図していない現象なんですけどねぇ…(笑)

患者さんから教えられるんですよねぇ。本当に。

手関節屈筋の筋力が低くて、手内筋の働きの悪さに影響していたのではないか??
スプリントを装着する事で固定力が出来て、抹消の筋力が働けるようになった??
しかし、MMT2の虫様筋・骨間筋が箸を使えるほどここまで良くなるとは。
違うかなぁ??

それと
今回の講義・一緒に治療するという事を、無錫の別の病院の人が興味をもってくれて、うちの病院でもやってくれないか?? と話しを頂きました。
所属先の病院・JICAが同意してくれたら、行きまた作業療法普及をしたいなぁ。
[PR]
by custom1210 | 2011-09-10 23:09

无锡へ出張:作業療法開設の手伝い

今、无锡(上海の西側の町)に出張に来ています。唐山から電車で15時間位の南に位置する比較的大きな街です。
目的は理学療法士隊員が働いているリハビリ病院がこれから作業療法を開設するという事で、1週間そのお手伝いに。
病院に所属する理学療法士9人位で1日2回理学療法を行い、作業療法は自主トレをしている状態。一緒に4日間働いて感じた中国治療師の問題点は、機能障害中心に見て生活や動作を視る視点が少ない事。そして理学療法しかやらないので、上肢機能訓練が不十分で認知機能評価がされず、一番の問題点はできるのにやらない患者さんが多い事(麻痺していない手で食事を食べれれるのに、家族・お手伝いさんが食べさせる)。リハビリは自分でするものなのに、患者さんの自動運動が本当に少ない。そんな作業療法のやりがいがある病院です。

30分×5回の講義(OT概論・CVAの上肢機能訓練・日常生活動作評価訓練・高次脳機能障害)と、中国治療師と共に評価・治療の指導。
やりがいがある患者さんが多いので良い反応をたくさん引き出せました^^
理学療法士さんから、この患者さんは作業療法が必要だ!と言って、指導後、作業活動を取り入れている様子を見たり、、
なにより、患者さんに反応を引き出せる関わりを多く出来て、患者さんや家族の笑顔をたくさん引き出せた事が嬉しく思い、
(作業療法が適応になりそうな患者さんを選んでもらったこともあり、多くの患者さんに多くの変化が出せました。まぁ…中国治療師の足らない部分があるので、そのちょっとしたきっかけで大きな変化が出せただけなのですが)
大きな変化があった人は次回に紹介。
そしてこれからOTを始める治療師にもいろいろと話興味をもってもらえたようです。そして病院として作業療法士を増やしていこうという雰囲気になった事も。

ふとこの1年前からの自分の変化を思いだしました。
最初の頃の全く中国語を話せず、また中国での背景を知らずに「こんなOT違う」とイライラしていた自分を思い出しました。
上手く関われるようになったのは、中国語が少し進歩したのもありますが、自分が中国の背景を少しずつ理解する事ができ、患者さんのニーズを理解しやすくなり、今の中国にあった作業療法はなんだろう?という形が明確になってきたからだと思います。
相手の背景を理解する事で、なんでそうするの?というイライラが無くなり、それに対して適切な対応ができるようになる。
最初のころは当たり前だけど自分よがりになっちゃうんだろうなぁ。
講義も今まで自分の任地の勉強会で使ったものをまとめて、また中国で治療してきた症例を紹介しながら行い、比較的興味を持ってもらいながら進める事が出来るようになり。
患者さんとも少し冗談を言いながら良い面を引き出そうとしながら、中国治療師に治療方法の目的を話したり余裕も出てきました。
本当に充実の4日間。残り1日しっかり伝えようと思う。
そしてせっかく南方まで来たので、上海・蘇州の観光して帰ってくる予定~~
[PR]
by custom1210 | 2011-09-09 00:29


青年海外協力隊での作業療法士活動内容・中国での生活などのんびり書いていきます


by custom1210

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
二本松訓練所
自己紹介
作業療法
料理
旅行
未分類

以前の記事

2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

最新の記事

大学最後の授業
at 2012-05-10 19:20
スプリント授業
at 2012-04-30 13:06
河北省リハビリ勉強会:成功か..
at 2012-04-25 08:12
河北省リハビリ培训班
at 2012-04-20 00:47
大学で授業再開:同期隊員に感謝
at 2012-04-05 22:04

お気に入りブログ

脊髄損傷リハビリ奮闘記
想いを馳せる 
photo80pockets
MOROCCO LIFE...
DABA Ça va!!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧