<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

リハビリ訓練道具購入

先週末リハビリ物品を買いに北京へ行ってきました。
ようやく申請していた物が手に入る。握力計・角度計・杖・歩行器などなど必要不可欠なもの。申請して半年間かかってようやく^^

行ってみると倉庫でした。

f0233649_6475933.jpg

物品に関しては、日本と同じような物がたくさんあり驚きました。
中国では痙性を落とすための訓練道具が多く揃っています。
写真の分離板はとても使いやすいです。
f0233649_6494240.jpg


特に物理療法に関しては充実しています。高いけど日本よりもよさそうな物を扱っているし。またアメリカ性の輸入品も少し取り扱っています。
スプリント素材は扱っていなくて残念。

中国では 設備費>>>>>>>>>人件費 になっていて…
本当に可哀そうになります。
時には40万円位する物療用品も買うのに、
治療師1人を雇おうとするのは反対。給料も1人1年間20万位なのに。

高い機械の元を取ろうと、
温熱療法をすると(ストーブみたいなの)、30分・1回20元(260円位)
作業療法士が40分・1回20元………… 
コストパフォーマンス機械に負けるとは(笑)

人間を診る事ができるのは、やっぱり人間だけだと思います。
CTとかMRとか機械の発達はもちろんですけど、
機械だけだと何もできないし、機械を使う人もその結果を判断する人も大切だし。
やっぱり機械よりも人を充実させたいなぁ。
[PR]
by custom1210 | 2011-04-25 06:50

餅は餅や

失語患者についての勉強会。撃沈でした…
始って5分位でこの空気は厳しいと痛感。
(興味がある時や反応が良い時は質問が出るし、一言も漏らさないて表情が分かります。)
1時間、みんな文句いわず聞いてくれましたが、分からないオーラ満載です。でも分からないだらけでも寝ずに聞いてくれて申し訳ないです。
終わってから感想を聞いてみると、
・内容が難しすぎた。
久しぶりに言われまくった
「听不懂」(何言っているのか分からないよ)
「费劲」(あなたの話しを聞くのは疲れる)

この二言は自分のやる気を無くなさせる力を持っています。
自分が本当に
「费劲」です…(笑)

不足している知識を補おうと準備はたくさんしたのですが、
自分の専門外の分野では具体例を示せなかったり、分かり易く伝えるという事が上手く出来ませんでした。
言葉について、中国語のつたない自分が話すというのも大変みたい。

下肢の筋力とか立位訓練とか歩行とかの勉強会では、
やっぱりPTさんは具体例も多く出せて、引き出しを多くもっているので分かり易く伝えてくれます^^
中国の治療師は自分よりも患者さんとのコミュニケーションや家族への指導・分かり易く伝える事が上手です。
餅は餅屋に任せるという事だなぁと思いました。
それぞれが得意な分野を生かして一緒に働いていけるといいなぁ。
STさんがいないので、認知機能・言語も自分が頑張って進めていきたいんですけどね。

OTは中国の文化を知る!という事で
つい最近行ってきた桃花山。日本の桜を思い出しました。
f0233649_9313365.jpg

[PR]
by custom1210 | 2011-04-16 09:32

勉強会:高次脳機能障害

週に2度行っている勉強会にも随分と慣れてきました^^
これまでリハビリの概念・筋力の検査・片麻痺の検査・感覚障害・平衡反応
などなど18回位、基本的な評価から1回1時間位話しています。

今回のテーマが高次脳機能障害

この内容は1番今の中国の治療師の人にかけていると感じている部分。
と共に自分が最も伝える事が難しいと感じている所。
運動障害と違って目に直接見えるわけではないですし、資料作りをしていても自分の経験不足・能力不足を痛感する所。

今のスタッフは高次脳機能障害を評価する事はしていません。
自分から動けない人とか、ひとこと
「積極性にかけるからリハビリ効果が薄い」

自分から起きれない・着替えられない原因が、全て
「患者さんにやる気がない」
この一言で済んでしまう。これに毎回違和感+ストレスを感じていました。

自分からやる気が起こらない原因はなんなの?
注意力が散漫で何をするのか分からないんじゃないの?
治療師の伝え方が複雑で、何をするのか理解していないんじゃないの?
どうしたらやる気が起こるように関われるの?

こういった事を伝えたいけど、ずっと伝えられませんでした。
高次脳機能障害について話しても、
「高次脳機能障害は良くなるものではない」と一言。

確かに認知機能の改善はなかなか難しい面がありますが…
かといってそれが評価をしない理由にはなりません。
そういう難しい内容をその場で話す事はできない未熟な語学力…

先週2回
①高次脳機能障害の概要と関わり方
②左片麻痺患者の起こり易い高次脳機能障害とそのリハビリ
話しました。

中国人治療師の反応は思いの他、とても興味深く聞いてくれました。
特にOTスタッフの対応が変わった気がします^^
話し方が優しくなったり、分かり易く伝えようとしていました。

現象を見るだけでなくて、見る視点(高次脳障害の知識)が付いた事で
相手が何でできないのかを考えてくれるようになったのではと思っています。
目標は
高次脳機能障害について勉強会をしたのちに、自分たちから高次脳評価のスクリーニング(長谷川式orMMSE)を全ての患者さんにする事です。

自分自身も頑張って準備をしていこうと思います。
[PR]
by custom1210 | 2011-04-05 23:05


青年海外協力隊での作業療法士活動内容・中国での生活などのんびり書いていきます


by custom1210

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
二本松訓練所
自己紹介
作業療法
料理
旅行
未分類

以前の記事

2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

最新の記事

大学最後の授業
at 2012-05-10 19:20
スプリント授業
at 2012-04-30 13:06
河北省リハビリ勉強会:成功か..
at 2012-04-25 08:12
河北省リハビリ培训班
at 2012-04-20 00:47
大学で授業再開:同期隊員に感謝
at 2012-04-05 22:04

お気に入りブログ

脊髄損傷リハビリ奮闘記
想いを馳せる 
photo80pockets
MOROCCO LIFE...
DABA Ça va!!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧