<   2010年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

調理訓練 ~マントウ(饅頭)作り~

週に一度の調理訓練。
対象者は患者さんじゃなくて、自分・日本人(笑)

また患者さんと作るんじゃなくなってきちゃったけど…
まぁ、でも楽しいからいっか。
中国料理を覚えて、日本に帰ったら友達に作ってあげるんだよ!!
ととても親切に教えてくれます。ありがとう
自宅で中華料理を作る事は皆無なので、
(自分で作るなら和食か洋食。中華料理は外で食べたほうが美味しいから)
全然上達していませんがね。
日本に帰る時までには、最低限手作り餃子を覚えるつもりです。

中国のマントウ(饅頭)作り方
①小麦粉に水・おっきくなる粉を加えながら、こねる
②35度位の場所で2時間醗酵される
③好きな形に成形する
④30分位蒸して完成。
完成品

f0233649_23195060.jpg



パン作りに似ていて、
花・ハリネズミ・カメ・トンボ などなど
なかなか良い感じですよね。
[PR]
by custom1210 | 2010-11-26 23:20

砂時計

砂時計

自分は砂時計を見るのが好きだ。綺麗でゆっくりと落ちていく様子に落ち着く。
砂時計はたくさんの砂が入っていて、ゆっくりゆっくりと細いくびれの部分を少しずつ減って行く。たくさん・無数にあった砂は3分後には全部下に移る。

個人・国毎に流れる速さもそれぞれで、
今働いている周りの人は、日本でいるよりもゆっくりゆっくりなんだけど
周りの人に、日本の方法を紹介する為に活動にきているんだけど、
それでも少しずつ少しずつでも毎日毎日やる事で砂は下まで落ちていく。
分かれ!!早くしろ!!て砂時計を振っても、逆効果でむしろ遅くなったり壊れてしまう。

一つ一つ、諦めずに毎日毎日やり続ける事。それが一番の近道なんだ。きっと。

昨日書いた高次脳機能障害の患者さん・家族に、
今までの評価・自宅での訓練方法など、考えている事を伝えた。
自分の出来る事はやれて良かった。

きっと障害のある人は、砂が落ちていくのが本当にゆっくりで…
根拠を持って、患者さんの目標を立ててアプローチしてきたつもりだけど、
それは自分の中での道筋で、
患者さんの落ちていく砂とはいっちしていなくて、
また中国のこの病院において高次脳訓練は、
砂が落ちる隙間すらなかったわけで…

砂が落ちる穴が少しでも広げる工夫もしていきたいです。
ゆっくりとした気持ちに慣れる砂時計。どこかで売ってないかなぁ。
[PR]
by custom1210 | 2010-11-25 00:34

症例報告

こんな上手く行かなかった・何もできなかった…
と感じる事は日本含めて一番かもしれないです…
    
患者さんの家族から同意得ています。

診断名:脳外傷後クモ膜下出血(6か月前)50代 女性
現病歴:発症後1ヶ月半昏睡状態。
3か月後退院。6ヶ月後リハビリ目的(歩行の改善)にて当院入院。
記銘力改善目的にてOT処方もでる。

<初期評価>
以前の仕事:主婦(以前は野菜売り)
本人の手訴:「できない。覚えられない。」
家族の希望:「前の日の事を覚えていない。その為感情も不安定」
      「自分の事を自分で出来るようになってほしい」
ADL:体幹失調・大腿全面の短縮の為歩行に見守り様子。その為移動・トイレなども見守りを様子。
記銘力:エピソード記憶困難。短期記憶の学習効果も低い。
HDS-R:19/30 3つの物品即時再生可能だが、語想起ヒントにて可。
       野菜4つ想起。
TMTA:1分45秒 
RAY模写試験:模写21.5点 想起 0.5点
作業課題:感情面・認知面などの影響で新たな課題へ対しての恐怖があり、 取り組みが困難であったが、慣れてくるとともに注意力なども改善もみら れ取り組む事が出来るようになってきた。

訓練内容
①スケジュール管理・日記の記載
②語想起課題
③書字課題
④読み・書き・発話
⑤計算問題:百ます計算・
そのほかに集団での調理訓練などを試みた。

入院での目標をスケジュール管理の習慣化とし、それに加えて誤り無き記憶課題や導入可能な全般的な知的訓練を基本訓練とした。また本人の評価も含めて調理訓練なども試みた。
日記の記載を進めて導入していく上で、書字の乱雑さ(本人も後から読む事が困難。日本人の私は更に困難)から本人も落ち込みが見られ、記憶障害以前に注意力・集中力・問題検討能力・漢字の知識・感情の不安定さなどいろいろな阻害因子がある事が示唆された。
その為、日記に大きな枠を付け書きやすくする・書字練習などを中心に進めていったが、本人は日記を見るたびに「字が汚い・読めない」と言って導入に消極的であった。(字は日に日に上達していったが…)
OTでの45分では課題時間が少ないと考え、書字課題など自宅での練習へと進めたが、本人がストレスに感じて導入が困難であった。「宿題をやる位なら家へ帰る!」と訴えて、その後1カ月リハビリ後退院。

最終評価
記銘力:エピソード記憶困難。短期記憶の学習効果見られる。
    覚えた文章・単語の5分後の想起課題が依然よりも可能になる。
HDS-R:19/30 
TMTA:1分30秒 
作業課題:新たな認知課題取り組みへ積極的になった。書字は枠からはみ出す回数が少なくなり、動作の性急性も少し改善が見られた。計算問題も時間が早く取り組めるように。


感想
論文などを見ると対象者よりも能力が低いと思われる対象者が、スケジュール管理を学んで退院している報告があった。チームとして包括的にアプローチしている事や、訓練量も大きな違いがあった。
中国のスタッフの認知機能へのリハビリへの関心は少なく(リハビリは身体機能を良くするもの)、というのを言い訳に自分自身中国スタッフへ働きかけが出来ていなかった。病院全体の目標とはほど遠い物だった。

自分の高次脳機能への知識・経験の無さも、
患者さんが何を話しているのか1人じゃ分からなくて…
話すときも上手く出来ない不甲斐なさも
(ゆっくり話してくれたり配慮してくれると交流できるけど、
こちらが配慮しなくてはいけない人は分からないんです。)
同僚へ記憶障害の事を上手く伝えられなかった事も…

調理訓練をみんなでする時にも、もっと患者さんに動いてほしかったけど、
中国治療師の進行に圧倒された。

一番は患者さんに何か残せたか?ていう時に、
何も出来なかったのではないかと感じ…
明日、最後に評価まとめて今後の生活の仕方・リハビリ方法について
話すけど、

反省・後悔が今振り返っても一杯です。
知識や技術が足りない分は、やる気とか思う気持ちでカバーとか思っていたけど、
全然だめだった。本当に不甲斐ない。
明日出来る事準備しよう。
[PR]
by custom1210 | 2010-11-23 23:38 | 作業療法

活動報告4ヶ月目

OT初期メンバーから大幅変化があった1週間。
平均年齢28歳→48歳へと高齢化しましたが、
新しく来た人達との仕事をするのがとても嬉しいです。

新しく来てくれた神経内科医だった人は、
本当に勉強熱心で患者さん想いで。
CTの見方や病状などこちらが勉強になる方が多くて。

今のOT室は、新しく勉強にきているお医者さんも含めて
体を良くなるんだ!そして笑いもあり明るい雰囲気^^
以前は淡々と患者さんがワンパターン訓練をして隣で座っている治療師
という景色で(思い返すと地獄絵図です)。
2人で見るはずなのに、どっか別の場所へ行ったり、携帯ずっとやってたり(--〆)
どうしたら理解してもらえるのか…てイライラする事が多かった。
だから必要とされてる・聞いてくれる人がいるて本当にうれしい。

環境は自分で決められない事も多いけど、大切だなぁと思いました。
自分はJICAで中国派遣が決まった時、不安でしょうがありませんでした。
今までの作業療法隊員さんはレポートを見ると本当に中国で苦労したみたいなので。

理由は、
・リハビリが今まで無い急性期病院へ派遣されて、教える人がいない・理解してくれる人がいない。
・中国では日本で大切にしてきた作業療法士の臨床が求められていない。
「青年海外協力隊で最低限必要なのは、リハビリをする場所とリハビリを知りたいという人材がいる事です。この派遣は全く意味がありません」
二年間の活動は本当に大変だったんだろうなぁと想像できます。
一生懸命活動したい!て思ったのに、それが必要されないて感じるって…

そういう人達の中国での活動があって、中国でリハビリが必要とされてきて
JICAもどんな形が良いのか模索して、
PT隊員と同時派遣という形で働かせてもらったり、
今の自分の働ける場所があるんだろうなぁ

と思いました。自分は恵まれているなぁ。
この周りの人に感謝して働いていこう!!
明日は分院へ日曜出勤… 仕事があるって良いよね。
でも遊びたい・休みたい(笑)
[PR]
by custom1210 | 2010-11-21 01:15 | 作業療法

初の調理訓練

作業療法士は時に場の提供・退院後の自宅での練習として調理訓練をします。
今日初めて導入しました^^
何作るかっていたったら、中国と言えば 餃子
作り方分からないけど、餃子の作り方教えてといって導入^^
やり方分からないし、言葉も不十分だし見切り発車も良いところなんだけど…

患者さん2名で目的は
Aさん;高次脳機能障害で記憶力障害が強い人
①自分で調理の献立・構成(次に何を準備して)がどの程度できるか?
②できる過程を通して、家族との交流や自信をつける。
Bさん:脳卒中片麻痺の人・
①右手を補助手としてどの程度まで使えるのかの評価+指導

なので、
事前に一緒に働く同僚にはこの訓練の目的を伝えました!!
ところが、案の上

自分たちだけで、餃子作り進めているよ…
彼ら同僚・調理訓練の目的を忘れている…
目的が日本人に料理の仕方を教えるに代わってる…
患者Bさん、自分で出来る事なくて泣きそうになってるよ…
その時の写真①スタッフ活躍しすぎたから!!
f0233649_22514496.jpg




いかん。いかん。と、
「Bさんにこれやってみて欲しいんだ」とあわてて修正。

でも、こういった場の提供て良いなぁと実感。
2人とも自然と自分からつかまり歩きしたり、車いすを漕いだり
Bさんは餃子の皮を包むのに自然と
麻痺側上肢が補助手として参加していた。

集団としての楽しい雰囲気に、
自分はこんな餃子のやり方なんだよ!とか動き出して、
機能訓練重視の中国で、初めて
患者さんから自分で動こうとする様子を見ました^^
一番大切なのって、手が動かないとか何ができないのか?じゃなくて、
何をしたくて、どうしたらできるのか?を考える事。

なんと、作業療法室でそのまま宴会に突入。
勘弁してほしいです...
その時の写真
f0233649_22544727.jpg


危険な白酒が見えます。
でもみんなで作って、みんなで語って、集団の力ていいなぁ^^
こういう場を提供できる作業療法士になりたいです。
[PR]
by custom1210 | 2010-11-15 22:55 | 作業療法

中国の婚活事情

11月11日は 光根節・単身節というそうです。
意味は光根節 は根っこだけという意味、 
つまり独身男性・女性の為の日。
といって別になにかをするわけではありません。

というわけで、中国人からの婚活進められる事について書きます。
今年で30歳になるのですが、
30を超えるともう遅婚です。となると、
「何で結婚しないの??」
「中国で結婚して、ずっと住みなよ。」
「誰か紹介するよ。どんな人がタイプ?」と冗談半分・本気半分で聞いてきます。おせっかいな中国人は本当に紹介してきそうなので…

「ぴょうりゃん(キレイで)、かいらん(明るくて)、うぇんろう(優しくて)、中国料理がおいしくて、土地をたくさん持っている」
と冗談で答えていたのですが、
この土地をたくさんもっていて 
というのが中国人には奇妙なようです。

話しを聞いてみると・・・
土地は中国国家の物で、借りているそうです。
また貸し借りはできないそうです。
家の建物は個人の物・土地は国家の物。
じゃあ土地があるなら、

農村の娘がいいね。土地は山程もっているし(笑)
みんな優しいし、中華料理美味しいよ なんて言われています。

そして中国人と結婚するなら部屋を持たないといけないそうです。
部屋・家が無い男性は結婚出来ないので、親が買ってあげるそうです。
ちなみに家を買うつもりはないので、安心してください^^

中国は日本とは違う不思議な面がいっぱいです。
[PR]
by custom1210 | 2010-11-11 21:55

充実した中国の食生活

中国での食生活充実しすぎています^^
JICAの他の国の人達に申し訳なくなります。

f0233649_2140411.jpg


1枚目の写真。
昼食はOT室でみんなで持ち寄り食事。
大量のエビはその場で蒸して食べました~
外で食べると油っこい食事が多くて料理も多いし
あんまり好きじゃないんですよね。
家で作った料理はやっぱり美味しいし、無駄な料理も無いから大好きです。
気のおける同僚と場所で食べるのもいいです。


2枚目・3枚目の写真は最近作った料理。

f0233649_21411023.jpg

貝のボンゴレパスタ(ぺペロンチーのぽく)

f0233649_21415449.jpg

エビとトマト・ラージャオ・玉ねぎ・ニンニク・の蒸したやつ

料理は最初失敗続きでした( 一一)
中国のアイエイチヒーダーの火力が強すぎるのと簡単に焦げ付く鍋。
中華料理を作るのには良いんだけど、
煮たりすると焦げ付くし、焦げ付かない為に油多くいれると不味いし…
ハンバーグとかの洋食や煮る日本食はことごとく失敗しました。
料理が下手でネタになってるし

そんな自分に大きな味方が
奮発して買ったエナメル鍋200元
輸入品を変える店:パスタや日本の調味料
そして最大の味方:安い海産物
貝:500グラム10元
エビ:500グラム15元(1元13円)

自分の住む唐山市は海に面しています。
北京も天津も 海産物は高級品。
でも自分の住む唐山の市場は、新鮮で安い物がいっぱい^^

特に味付けしなくても、野菜と海産物の旨みでめっちゃ美味しい。
料理上手じゃないけど、幸せな気分になれます。
料理は最高のストレス発散だ。
[PR]
by custom1210 | 2010-11-10 21:42 | 料理

中国での作業療法

「作業療法は何の仕事をするの?」
日本・中国で聞かれても、はっきりとした分かりやすい答えが見つかっていない。

そのはっきりしない仕事が自分は好きだ。
でも一番何をするのかと説明すると、
生活障害:その人がどのように生活していくのか?を医学的見解から手助けする。
その為にいろんな作業活動を提供する。

ね。あいまいで、なんか良く分からないでしょ(笑)
その答えの無い・人はどうやって生きていくのかとか考えるのが面白い。

例えば筋トレするのに、スキーしても筋肉トレーニングになるでしょ。
作業療法の対象者は身体障害者・精神障害者・高齢者など様々
脳血管障害の対象者になると、
一緒に働く理学療法士が基本動作・歩行など下肢中心に見てくれるので、
作業療法士は上肢・認知機能中心に見て、どう生活してくかて観点で見ていく。

だから
上肢訓練を運動療法したり物が掴みやすいような設定にしたり
下肢訓練も時にやるし(PTだけでは難しいような人・上肢回復が難しい人)
認知機能のために料理訓練したり物作りしたり、お喋りしたり
時にスプリント・装具などを作ったり
生活し易いように、福祉用具を整えたり自助具を作ったりする。
患者さんに合わせてやる事がいろいろと変わってくる。
何やってるんだ?て思われるけど、自分が思いもしない反応を見せてくれた時
とか良い反応を引き出せた時、嬉しい。

「人」という答えの無いやり方に面白さを感じると同時に難しさを感じる。

中国では理学療法はやる事がはっきりしているから
作業療法よりも普遍性があるからかなぁ。日本のPTさんとたいして変わらない。
体の回復という観点からみれば、国は違えど内容は同じ。

それに比べて
作業療法はどう生きていくかという生活障害に着目するから、変わってくる。
まだ中国という文化が良く分かっていないから、なかなか難しい面を感じる。
その国・文化毎にどうやって生活するの・大事な事て違うから。

ひたすら決まりきった上肢訓練しかしない中国治療師にストレスがたまっていた。
でも仕方無いという事が分かった。上肢訓練の運動療法はしっかり出来るけど。

最近中国の作業療法の教科書の紹介の部分である言葉を見つけた。
現在の我が国で作業療法を発展するのはまだまだ難しい。

それを見た瞬間、
大笑いしてしまった。と同時に肩の荷がフッと抜けた。
自分がずっと葛藤し続けた事 
外国で勉強してきた中国人のリハ医と同じ意見です。

でも普通に出来てたら、JICAが入る意味はあんまりないよね。
彼らに少しでも自分の持つ観点が分かってもらえるといいな。
あと異国の文化を知って、異国で活動しようと思う。
日本のやり方を押し付けるだけでは難しそうだから。
それに作業療法士としては難しいけど、脳卒中の患者さんに出来る事はたくさんあるから^^
[PR]
by custom1210 | 2010-11-07 19:16 | 作業療法

天津日帰り旅行

今日は日帰り天津旅行へ。
天津は中国の4大中心都市のひとつで発展しているそうです^^
住む唐山市から電車で1時間30分と近いです。

行ってみると、高層ビル・中華街などを中心に発達していました。
空気もきれいで街並み自体もとてもキレイな街です。
中国の骨董品・油絵・音楽など中国独自の古典文化を見れました。

昼は奮発して、
狗不理という高級料理屋で食べました。
一つ10~18元 という肉まん。一つ一つの籠に入っていて、
本当に美味しかったです。
夜は一般のお店で食べました。
狗不理包子という同じ名前。でも8個で10元。
安いと思いきや、味は普通でした(笑)名前だけ借りていたようです。

1日では回り切れず、またいきたいですね。
[PR]
by custom1210 | 2010-11-06 22:21 | 旅行

自分の出来る事から…

飲み会で酔っ払っています^^でも思った事書いてみます。

人と比べる・周りと比べる・環境を求めるてあんまり良くない事だと思う。
ライバルがいると、良い刺激になると思うだが…

今のOT室で変化が多きくあった。3人一緒に働くOTがいたのだが…
1人:別の分院へ移動。一番信頼できて働きやすかった子。
   今日分院へ行った時に一緒に働いて、やっぱり一緒に働きたいて思った。
1人:先週結婚して18日休みです。おめでとう^^
1人:腰痛再発で20日間休みです。その後はOTできるの??

という事で、今のOT室は別の病院から来てくれた神経内科医とSTさんとやっていく事に。
今までの3ヶ月間は… みんないなくなっちゃった。
少しずつ自分のやり方病院で伝わってきたのに…

そして一緒に働いている相方のPTさんを見て
病院の中国PTさんはすでにしっかりとやる事ができていていろいろと話しあえる。
それに比べてOTは何を見てどう介入するのかという事だ…
と羨ましく思ってします。

今日改めて思った事は
「周りのせいにしない。今の自分の世界で一つずつやっていく」
「自分の為に動くんじゃなくて、周りの為になる事を考えて動きたい」
自分の出来る事をしっかりとやっていくという事。

周りの環境を責めても仕方ない。周りが変わるか変わらないかは周りが決める事。
一番大切な事は
「自分の正しいと思う事をやっていく事。正義を貫く事」
先輩の受けうりですが(笑)

でも悪い事ばかりじゃないんですよ。
一番信頼できたOTさんは、やっぱり分院でしっかり働いていて。
きっとこれから一緒に働いた事が生きてくれるといいなぁと思って。

別れがあると、きっとその分出会いがあって^^
その別れた人にとっても、良い影響を与えるかもしれなくて
別れた人が他の人に影響を与えるかもしれなくて
新たな出会いがあると、また自分の考えが伝わるのかもしれなくて

だから… 
別れとか喪失とかて そんな嫌な捨てたもんじゃない

大切な事は
前を向いて「今を生きろ!!」
環境のせいにしないで
「その土地で自分の花を咲かせよう!!」
「自分の事ばかり考えてないで、周りを第一に考えたい」

自分酔っ払っています。今日だけこんな日記。
[PR]
by custom1210 | 2010-11-03 23:08


青年海外協力隊での作業療法士活動内容・中国での生活などのんびり書いていきます


by custom1210

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
二本松訓練所
自己紹介
作業療法
料理
旅行
未分類

以前の記事

2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

最新の記事

大学最後の授業
at 2012-05-10 19:20
スプリント授業
at 2012-04-30 13:06
河北省リハビリ勉強会:成功か..
at 2012-04-25 08:12
河北省リハビリ培训班
at 2012-04-20 00:47
大学で授業再開:同期隊員に感謝
at 2012-04-05 22:04

お気に入りブログ

脊髄損傷リハビリ奮闘記
想いを馳せる 
photo80pockets
MOROCCO LIFE...
DABA Ça va!!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧