患者さんとのお別れ

特定の担当の患者さんを持ち始めて、1カ月になる。
今日担当患者さん2人が突然明日退院だからという話しを聞いた。
歩行・階段昇降が出来、移動手段があるので問題はないが、
突然言わると、こっちも準備があるのに・・・と思う。

退院前なので、家での自主トレ・生活の仕方など家族を含めて話した。
患者さんは症状の重さ・性格、千差万別だ。
今回退院する2人は上肢機能が大きく改善した2人。
1人は初め見たとき、(上肢・手指BrⅢ)物を持てなかったのに、
今は(上肢・手指Ⅴ、STEF56点)と、すごい進歩にびっくり。

自分は大した事はやっていなく、次のステップへとアシストしただけで、
頑張ったのは患者さん(^-^)でも、やっぱり感謝されるととても嬉しい。
そして彼らの回復を通して、リハ医などスタッフから認められてきたかな。と思う。
良くなるのを見ると、何やっているんだろう?と興味もたれるしね。

仕事・作業療法を通して、患者さんとつたないながらも話しをして、スタッフとも意見交換して。
患者さんとの仕事を通して、勉強しているなぁと実感。患者さんとの関わりに感謝。

この患者さんで上手くいかなかった事は、
良くなったのだが、退院後仕事復帰する予定でない事。
自分は中国の社会保険制度も社会復帰方法も知らない。
中国ではリハビリは機能回復・社会復帰は自分で探すという現状。
日本にいた時には、こんな時にソーシャルワーカーさんが本当に頼りになったけど、
社会制度を知らない自分はアドバイス・関わりも何もできなかった。

言葉・社会制度・慣習
自分の生活を見るという作業療法の理想のためには、不十分な事がいっぱいだ。

でも患者さんが笑顔で退院していくのは本当にうれしいですね。
你们。身体保重!祝你出院。再见!!
[PR]
by custom1210 | 2010-09-02 22:28 | 作業療法


青年海外協力隊での作業療法士活動内容・中国での生活などのんびり書いていきます


by custom1210

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
二本松訓練所
自己紹介
作業療法
料理
旅行
未分類

以前の記事

2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

最新の記事

大学最後の授業
at 2012-05-10 19:20
スプリント授業
at 2012-04-30 13:06
河北省リハビリ勉強会:成功か..
at 2012-04-25 08:12
河北省リハビリ培训班
at 2012-04-20 00:47
大学で授業再開:同期隊員に感謝
at 2012-04-05 22:04

お気に入りブログ

脊髄損傷リハビリ奮闘記
想いを馳せる 
photo80pockets
MOROCCO LIFE...
DABA Ça va!!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧